換気中の筋活動

換気の際には非常に多くの筋や関節が相互に作用しあっている。多くの異なる筋の作用が胸くう内容積の変化に対して同様の影響をもたらせている。

 

 

胸郭に付着する筋に課せられる複雑さと同時的要求を考えれば、多くの筋がかかわるという余剰性は非常に適応性に富み、敏感なシステムにとって必要なものである。横隔膜を除き、換気の筋は体幹、頸部、および上肢の運動のコントロールのような他の機能のために同時に使われるかもしれない。

 

 

●安静呼吸の筋(Muscle of quiet inspiration):

横隔膜、斜角筋群(前・中・後斜角筋)、肋間筋(外・内、最内肋間筋)

●強制吸息の筋(Muscle of forced inspiration):

上・下後鋸筋、長・短肋間挙筋、胸鎖乳突筋、広背筋、胸・頸腸肋筋、(脊柱起立筋)、小胸筋、大胸筋、前鋸筋、腰方形筋

●強制呼息の筋(Muscle of forced expiration)

腹筋群(腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋)、胸横筋、肋間筋群

『骨格筋系のキネシオロジー』