フラクタルピリオダイゼーション

”フラクタルピリオダイゼーションは、トレーニングサイクル全体をみるひとつの手段である。長期的なピリオダイゼーションサイクルが、より拡大した、つまり短期的なトレーニングサイクルと自己相似形となるだろう、ということである。”

”ピリオダイゼーションは、時間の経過の中でフラクタルであるとみることができる。マクロサイクル、メゾサイクル、ミクロサイクルと分割すると似た形を示す。強度と量の反比例の関係は、時間軸を通して繰り返される。”

”量と強度の変化はすべてのレベルに共通ということになる。時系列を短くしてピリオダイゼーションサイクルを拡大しても、そのサイクルについて見えるのはわずかである。時系列は常に相似であり、変数の変動も相似である。”

レジスタンストレーニングのプロトコルにおけるピリオダイゼーションの本質と革新より

fp1

fp2

fp3

fp4

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中