腸内細菌と睡眠

腸内細菌の多寡(たか)が睡眠量を左右する。

不眠症患者の腸内細菌数は、不眠でない人に比べて有意に少ない。睡眠時間の短い高齢者でも腸内細菌は少ない。

また抗生物質で腸内細菌を減らしてしまった人は、短眠傾向を示す。

Rhee YH,Kim HI:The correlation between sleeping- time and numerical change of intestinal normal flora in psychiatric insomnia patients.

『眠りを科学する』井上昌次郎

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中